FC2ブログ

SUP 補修



前回のSUPで、(-_-;)






DSCF2061.jpg

パカモン・アタックを食らって穴の開いたSUP(>_<)















DSCF2062.jpg

調べてみると、ご丁寧に二ヵ所空けられていました(´Д`)


マゴチに限らず、全ての魚は取り込みに注意しましょう(T_T)















DSCF2063.jpg

さて、そろそろ修理開始です。


補修方法はゴムボと変わりません。
        ↓
http://gomshepherd.blog.fc2.com/blog-entry-85.html



まずはペーパーヤスリでマジックの印が薄くなるまでゴシゴシ















DSCF2065.jpg

付属の補修用シートを取り出し、切り抜きます。

穴に対して、多少大きめに使うのがポイント・・・だそうです(^^;


切り抜いたシートは、角を丸くしておきましょう。















DSCF2064.jpg

付属の接着剤を取り出し、貼り付ける範囲を薄くヌリヌリ。

もちろん、切り抜いたシートにも薄く塗ります。


一度塗ったら、10分ほど乾かします。


それを5回ほど繰り返し、















DSCF2066.jpg

最後の塗りを行って、5分ほど経過したら貼り付けます。

シートを貼り付けた後は、木づちでバシバシ叩いてエアを抜きます(^^)















DSCF2067.jpg

上記の工程を終了したら、貼り付け部を木片等を上から押し付け、万力などで固定。


固定後、24時間以上はそのままで。















DSCF2068.jpg

アドレスは48時間固定しました。

早速、エア漏れが修繕出来ているのか確認です。














DSCF2069.jpg

見た目は完全に接着出来ております。















DSCF2070.jpg

石鹸水を用意しました。















DSCF2073.jpg

石鹸水を貼り付けシート周りに塗って、エア漏れしていないか確認。















DSCF2072.jpg

セーーーーーーーーフ!(^O^)

修理完了となりました(^^)








ヒレパンチは怖すぎる(T_T)

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

- アドレス - 2017年11月05日 16:30:39

>アンスラ兄さん


釘位のサイズなら、何とか出来ると思いますが、それ以上なら難しいかな。


最近、ゴムボートが重くて、一人で行く気にはなりません。正直、もし次を買うなら、又、軽い2馬力にすると思います。

ポーターも考えたのですが、波が出るとキツイみたいなので、やはり自分はゴムボ一択です。

- アンスラックス - 2017年11月04日 23:44:31

次回は、ナルトビあたりのトゲに刺されてみて下さい(笑)

補修できるかな?(笑)

しかし、俺も1人で手軽に出せるやつ欲しいなぁ。

今のボートも出そうと思えば1人で出せるけど、撤収の時、洗浄とかで慣れた相棒とやっても2時間くらいかかるし、1人では出す気になれん(-_-;)

でも、SAPや手漕ぎのカヤックは嫌です(笑)

トラックバック

URL :

PR
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

アドレス

Author:アドレス

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
お世話になってます。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR