FC2ブログ

ドーリー補修、トランサムに穴をあける。



前回の釣行の際、






DSCF2228.jpg

陸へ引き上げ時にドーリーステーが外れました(-_-;)

ネット上で確認してみると、同じような木ネジトラブルが発生しているようです(;´Д`)




木ネジ留めの是非はさておき、とりあえず直さない事には始まりません。










DSCF2231.jpg

X帽子さんから電動ドリルを借りてきました(^o^)

ドリルの刃は8ミリ。





X帽子さんのお店です(^o^)
釣り好きな方は是非w

鮨dining太兵衛




















DSCF2232.jpg

ボルトパーツです。

ジョイクラフト JEXのトランサムに設置するドーリーボルトは、



ステンレス六角穴付ボルト 8×40(太さmm×長さ)
ステンレス袋ナット M8(呼び径mm)
ステンレス丸座金 8×22(内径×外形)
ステンレスばね座金8(呼び径mm)



ボートの種類によって、トランサムの厚さが変わるので注意してください。
























DSCF2233.jpg

これが元々装着されていたボルト。

この前の事件で、若干曲がっているので交換です。










DSCF2235.jpg

取り外しは簡単(^^)










DSCF2236.jpg

ステーを外すと、錆が付いています(-_-;)

出来る範囲で錆を落とし、










DSCF2237.jpg

新しいボルトを用意。










DSCF2234.jpg


DSCF2240.jpg


装着です(^o^)

スパナの13 と六角レンチが必要です。















DSCF2246.jpg

で!本題の木ネジ部分。

ジョイクラフトのドーリー取り付けステーは、ちゃんと木ネジ部中央に8mmの穴があけられるようになってます(-_-;)


さんざん木ネジ叩かれてるんだから、最初からボルト入れとけよ!(; ・`д・´)










DSCF2242.jpg

電動ドリルで穴をあけましょう!










DSCF2244.jpg

上手く貫通しました(^o^)


あとは先ほどと同じボルトセットを入れて、










DSCF2252.jpg

完成です(^^)

綺麗に固定することが出来ました。










DSCF2247.jpg


DSCF2248.jpg


ドーリーもちゃんと装着できます。

ステー下のボルト頭が出っ張っているので、装着出来なさそうに見えますが、ちゃんと入れられます(^^)


ドーリー部にもボルト穴が最初からあいているのです(-_-;)


ここまで考えてるなら、最初からボルト入れといて欲しいです(;´Д`)










DSCF2249.jpg

もうついでに、反対のドーリーも穴をあけときましょう(^o^)










DSCF2250.jpg

装着完了(^o^)









DSCF2251.jpg

ダブル“ノブナット”が素敵(笑)

ジョイクラフトユーザーの皆さん、ドーリーが木ネジ固定でしたら早めにボルト貫通をお勧めします(^^;








X帽子さんのお店です(^o^)
釣り好きな方は是非w

鮨dining太兵衛









ドーリー復活(^o^)

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村





この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

アドレス

Author:アドレス

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
お世話になってます。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR