FC2ブログ

ゴムボの持ち手が剥げ出した・・・



ゴムボを所有していると、どうしても避けられない事があります。


それは、





DSCF0109.jpg

ゴムボ周辺器具の剥がれ(>_<)


手漕ぎを含めると20年くらいは乗ってますが、だいたい3~5年目辺りで怪しくなり、早い時には2年くらいでも剥げてきます。




本体の貼り合わせが剥げたりすることは滅多にないのですが、付属の周辺器具はどうしても剥げてきます。





ゴムシェパード3号艇も色々な周辺器具が剥がれ出したので、重要な持ち手部分を再貼り付けしてみました。




「ゴムボくらぶ」様の修理方法をマネしております。

ゴムボユーザー、2馬力ユーザーのバイブルサイトです!!ウチのしょ~もないブログとは大違い(>_<) 

アドレスの重要閲覧サイトです!!










DSCF0107.jpg

「ゴムボくらぶ」様の記載してあった 「パンドー156A」と「ラッカーシンナー」を用意。










DSCF0108.jpg

エアを入れた状態で作業。

ラッカーシンナーで剥がれ部分の持ち手をゆっくりと剥がしていきます。












DSCF0110.jpg

剥がれました。

汚れもシンナーで拭き拭き(要!ゴム手袋だそうです。付着したら指紋が無くなるらしい)










DSCF0111.jpg

持ち手側も拭き拭き(^^)










DSCF0112.jpg

「パンドー156A」を取り出します。

が!!ここで問題が発生(-_-;)


なんとアドレスが持っていたマスキングテープが、娘によって強奪・使用され無くなっていました(;´Д`)


いったい何に使ったのでしょう・・・

しょんぼり(´・ω・`)





どうしたものか・・・・・










DSCF0114.jpg

買いに行けばよかったのですが、もう面倒くさくなりガムテープ(紙)で代用(^^;

こんなんでもちゃんと使えたので良しとしておこうw



ゴムボ本体と、持ち手側に接着剤を薄く塗り乾かします(ヘラ必要)










DSCF0115.jpg

5分ほどで乾いたので圧着します。

指にベタ付かなくなる位が目安。


貼り付けはしっかり行いましょう(^o^)










DSCF0117.jpg

なかなか綺麗に貼り付けることが出来ました。

これ、本当は24時間このままの状態で放置が望ましいのですが、そんな事をしたら奥さんから “邪魔!!”と捨てられてしまうので、ある程度乾いたところで泣く泣くエアを抜いて収納(´・ω・`)



次回の出船時、これでちゃんと接着出来ていたら、残りの付属器具も再取り付けしたいと思います(^^;








多分、大丈夫かと思うな~
だったらいいな~

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村


この記事へのコメント

- アドレス - 2019年10月22日 10:11:23

>ゴムボくらぶ様

いつも勉強させて頂いております(^。^)

自分の部屋で、ゴムボの気室ごと膨らませて、貼り付け放置も考えましたが、どのみち怒られる未来しか見えませんでしたので断念しました(^^;

今回の修理で、上手く貼り付け出来ていなかったら、どうするか思案中です(>_<)

- ゴムボくらぶ - 2019年10月22日 08:20:58

1日膨らましっ放しで乾燥させる為のスペース確保がなかなか難しいですよね。
私も自宅ではそれをするのが難しいので、いつも連休の時に会社に持って行って修理しています(^^;)
ブログのご紹介ありがとうございました(^^)

トラックバック

URL :

PR
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

アドレス

Author:アドレス

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
お世話になってます。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR