FC2ブログ

ボート修繕



航海記録3あたりでボートに穴があいて修繕したと書きましたが、
修繕方法が悪く、エア漏れが激しい(-_-;



修繕後に組合長からのダメだし指摘もあったので、
当然の結果かも・・・








そこでちゃんと修繕するべく、


P3260001.jpg

道具を買ってきました。

布ペーパーAの80
ハンドクランプ


お値段は500円程度。




修繕方法は、いろんなブログで紹介されているので
それを見つつ作業を行いました。


※布ペーパーはもっと荒いヤツが良いかも。

















P3260002.jpg

付属のゴム布をこの様な形状に
カットしました。

角は丸く切らないとダメらしい。
















P3260004.jpg

カットしたゴム布を接着する本体部に合わせ、
マジックで印をつける。















P3260005.jpg

マジックで印をつけた枠内の部分を、
布ペーパーでゴシゴシ削っていく。


これをやらないと、上手く接着しないそうだ。

自転車のパンク修理と同じ原理ですね。




目安はマジックの印が消える位だそうです(^_^;
















P3260007.jpg

こんなもんかな。

下地布が出るくらい削っちゃダメだよ(>_<)















P3260003.jpg

接着剤は付属のゴム糊?を使用。


“本当にこんなんで接着出来るのかよ!”

と言いたくなるくらい頼りないヤツ。
触ってもあんまりベタベタしません。
















P3260009.jpg

接着部にゴム糊?を指で薄くヌリヌリ。

カットしたゴム布接着面にもヌリヌリ。



ヌリヌリした後は、10分ほど放置し
接着面を乾かします(自虐的)



これを5回ほど繰り返し・・・・
















P3260010.jpg

貼り合わせ。

貼り合わせた後、
















P3260011.jpg

木槌でグイグイ押して、
貼り合わせ内部のエアを抜きます。
(本当はローラーが便利)


その後、木槌でバシバシ叩いて圧着ヽ(`Д´)ノ
















P3260012.jpg

バシバシ作業後は、木板を前後で固定。

この時、ハンドクランプが役立つ。
万力でも可能。


この状態で1~2日放置。
ちゃんとやらないと、剥がれちゃうよ(>o<)
















P4130017.jpg

前回の釣行が、再修繕後の出船となったのですが、
完全にエア漏れなし。


よかった~~(^_^ゞ





ちなみにピンホール位の穴であれば、





AQUA SEAL(アクアシール) アクアシール (2本入り)

で十分です(^ω^)




よろしければ、ポチッと押して頂けると嬉しいです(^-^)

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村




この記事へのコメント

Re: タイトルなし - アドレス - 2013年04月20日 22:05:54

>アンさん

二重貼りすると、隙間が出来るので、どっちかにした方が良いみたいです。

最初に補修した時、2重貼りしたのですが、失敗しました(>_<)

Re: ばんゎ♪ - アドレス - 2013年04月20日 22:03:49

>マグナムさん

まあゴムボの宿命みたいなもんです(^_^;

使ってたら、どうしてもあきますね。


こんなにちゃんとくっつくとは驚きでした(^_^;

- アンスラックス - 2013年04月18日 20:37:10

まずは穴の空いた辺りには自転車のチューブに貼るパッチを貼って、その上からそのゴムを貼ったらいいのでは?
チューブ修理用のパッチはゴムのりで溶けていい具合にペーパーで削った傷に密着しますよ。

ばんゎ♪ - マグナム - 2013年04月18日 20:03:10

ばんゎ♪

たいへんだ~!

アクアシールでもダメな空気漏れでも
キチンと補修できるのが
スゴいです(^^)

トラックバック

URL :

PR
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

アドレス

Author:アドレス

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
お世話になってます。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR